ファスティングの知識 #1 酵素ダイエットがブームに!

 
女性誌の特集で欠かせないネタがダイエット。やっぱり確実に部数が見込めるそうです。 いろんなダイエット法がありますが、最近人気急上昇なのが「酵素ダイエット」「酵素ファスティング」など酵素を利用する方法。うん、うん。そういえば最近良く目にするなぁ。
 
あなたのカラダの中では5,000種類以上の酵素が日夜働いています。ホントに酵素がないと生きていけない・・んです。とっても頼りになるヤツ。 酵素は消化酵素と代謝酵素があり、ほとんどが腸内で生成されています。
 
鶴見クリニックの鶴見先生の研究結果では、「酵素を増やせば確実に痩せる」ことが実証されています。どうして? 「酵素にはダイエットに欠かせない代謝を促す力があり、酵素がたっぷりある人は代謝が高く、痩せやすい」とのこと。 
 
代謝とは、食事で摂取したカロリーを身体を動かすエネルギーに変える働きのことです。酵素が体内でたくさん生成できる方は、食べた食事のカロリーを熱に変える能力が高い。赤ちゃんや子供もそうです。冬でも半ズボンの子とか、ざらにいます。子供や若い方は酵素の生成能力が高いんです。
 
また、海外に旅行された方が経験することなんですが、特に外人男性は代謝が良く、体温も高め。日本人女性が「寒い~」と感じる気温が彼らには心地よい。 日本人女性がコートを着て歩く場所で、半袖でも平気な方はざらにいます。 
 
これは、外人男性が脂肪分解酵素のリパーゼと、タンパク質分解酵素のプロテアーゼをたくさん体内で生成できる体質だから、なんです。 だから油でギトギトのフィッシュ&チップスを食べても、すぐに熱に変えることができる! うらやましい・・
 
残念ながら日本人は穀物と野菜が中心の食事で長い間生きてきました。外人と同じ食事メニューでは、脂肪分解酵素と、タンパク質分解酵素が足らないんです。なので、食べすぎるとカラダに負担がかかる。
 
代謝が悪く、エネルギーに変えることができなかった脂肪は、体内に蓄積される・・ これが「太ってしまった」状態。 見た目も、健康にも悪いですよね。じゃあどうすればいいの? 
 
生の野菜やフルーツから酵素を取り入れましょう。 生のパイナップルを食べて、舌がしびれた経験はないですか? これは、生のパイナップルにはタンパク質の分解酵素がたくさん含まれているから、なんです。 
 
ポイントは生の野菜やフルーツということ。同じパイナップルでも、缶詰では舌がしびれません。これは加工の過程で酵素が死んでしまったから。
 
さて、生の野菜。どうすれば最も効率良く酵素を摂れるでしょう? 実は和食にそのカギがありました。答えは「すりおろす」です。 はい、そうです、あの、大根おろし、です。
 
実は大根おろし、鶴見隆史先生の著書の中でも、もっとも手軽に、効率良く、しかも安価に酵素を取り入れることができるオススメ料理の筆頭になっています。うーん、そうだったんだ〜


ファスティングの知識 #2 やめるべきこと

 
ここで質問です。ラクに痩せたい方がまず一番最初にするべきことは? 答えは・・悪癖をやめることです。
特に美容と健康に悪いワースト3は
 
1. 喫煙
 
2. 夜9時以降のハイカロリーな食事、特に飲酒後のラーメンなど
 
3. 菓子パン、スナック菓子、インスタント食品などトランス脂肪酸と食品添加物を多量に含む食品
 
男性にありがちですが、お酒をたくさん飲んで、酔った勢いで絞めのラーメンを食べる。二次会でさらに飲みながらタバコを吸う。そのままカラオケなどでオール。まさに最悪ですよね。カラダにすごく負担かかります。
 
あと、早食いもNGです。良く噛まないと唾液の中の消化酵素が働けないんです。そうすると、胃と腸の消化酵素に余分な負担がかかります。満腹感が出るまでにはタイムラグがあり、早く食べると満腹感が出るまでに食べ過ぎてしまいます。 
 
お仕事忙しいのはわかります。でも、早食いを続けている間は確実に太ります。そして昔から言われるように、「腹八分目」で。
 
一人暮らし、とか、お仕事が忙しい方、ついつい朝食をコンビニに頼ってませんか? 決してコンビニが悪いと言っている訳ではありません。ただ、ある種の食品は食べないほうがいいです。え? 何だろう・・
 
それはズバリ!菓子パンです。なぜなら・・ 高カロリーな上に、「食べるプラスチック」と言われるトランス脂肪酸が多量に含まれているからです。食べるプラスチック? 何だかヤな名前ですよね。 
 
菓子パン以外にも、マーバリンやコーヒーフレッシュなど。 びっくりしたのはインスタントのカフェオレ。裏のラベルを見ると・・ コーヒーを抑えて一番多い成分が砂糖、そして二番目が植物性油脂でした。この「植物性油脂」がトランス脂肪酸です。
 
トランス脂肪酸って? ご存知のように、油はとっても酸化しやすい性質を持っています。そこで、マーガリンやショートニングなどの製造工程で水素を追加すると、液体の油が固形化し、酸化しにくく、保存しやすい油が作れます。これがトランス脂肪酸。 
 
自然界には存在しない、人工的な物質で、はっきり言って食べるのは控えたほうが。 有名なアリの実験では・・
 

ラク痩せ,酵素ダイエット,ファスティング,酵素美人塾

 
おおっ、マーガリンはアリも食べない!! つーか、死んでるヤツも。 下のバターにはこんなに群がっているのに。 これはいったい?
 
アリには「これは食品ではない」とわかるんですね。海外ではその有害性が広く知られていて、例えばニューヨークの外食産業ではトランス脂肪酸全面使用禁止!になっています。
 
トランス脂肪酸は、人間の都合で、保存や添加、そして流通のために作り出しました。その分子構造はほとんどプラスチック。変化しにくいんです。ではその変化しにくい物質を食べると?
 
カラダはトランス脂肪酸といえども、がんばって、分解します。でも、その過程で、大切な、とっても大切な、酵素を多量に消費します。ホントは細胞やお肌の再生に使いたいあなたの酵素生成能力。
 
でも「ほぼプラスチック」を食べてしまうとカラダはそちらの分解を優先します。でないと死んじゃうから。 ああ・・もったいない。
 
じゃあ、菓子パンの代わりに何を食べればいいの?
はい、朝食のおすすめメニューはずばり酵素ドリンクと生のフルーツです。ヨーグルトを加えてもいいですね。 もちろんスムージーもOKです!
 
酵素を消費する食生活から、酵素を補給する食生活へ。 あなたも酵素美人塾で味わってみませんか?
 


ファスティングの知識 #3 あなたの食生活はだいじょうぶ?

ラク痩せ,酵素ダイエット,ファスティング,酵素美人塾
 
食生活において大切なことはバランスのとれたメニューと、自然の食材。できるだけ加工食品をとらないこと。少し栄養学の知識がある方であればご存じですが、単品メニューより、いろいろな食材がとれる食事。できるだけ油で揚げたメニューを控える。野菜は不足しがちなので、多めに。などなど。
 
皆さんご存じですよね・・ でも現実の食生活はいかがですか?
例えば持ち帰り弁当。一番の売れ筋商品は「のり弁」だったり、「から揚げ弁」だったりしませんか? 
 
どうして?値段が安くて、満足感のあるメニューだからです。同じくマック。確かに値段は安い。でも食材は?栄養バランスは?
 
そして加工食品。インスタント食品は言うに及ばず、外食のハンバーグってどうなの?
正直何が入っているかわからないですよね。でも、ランチメニューではやけに多い。どうして? 
 
コストが安くて、満腹感があり、そこそこの味が出せるからです。はっきり言えば儲かるメニュー。でも食べるほうとしては・・
 
一人暮らしでお仕事をされてらっしゃる方。首都圏にはたくさんいらっしゃいます。朝は食べないか、コンビニのパンとコーヒー。お昼はカフェでハンバーグ定食。夜は残業で持ち帰り弁当屋のお弁当。 
 
うん、うん。思いあたる方もいらっしゃるのでは? でも、自炊をして、お弁当を作れる方は、時間に余裕のある方だけ。忙しくなるとムリ〜
 
そのような食生活を続けて、そこに仕事のストレスが加わると確実にカラダをこわします。あるいは カラダがこわれることを無意識に避けようとして、脂肪を溜め込みます 。食事が満足にとれないこともあった時代を生き抜いた祖先から受け継いだ防衛本能です。世界ふしき発見!などTV番組でもよく取り上げられています。( 5分の動画はこちら
 
さあ、困った、どうしましょう? 仕事やめますか?それともカラダこわしますか? いやだ、わたし、がんばる!
 
そこでふとテレビとか雑誌を見ると、栄養補助食品(サプリ)の広告が。ああ、そうだ、サプリとらなきゃ。と思って、サプリを始めた方もたくさんいらっしゃると思います。 栄養補助食品。通称サプリ。
 
TVCMでも、雑誌でも、宣伝していて、ネットや通販で手軽に買えます。もちろんサプリはそれなりの効果があります。取らないより、取ったほうが良いです。
 
ただ、サプリはあまりにたくさんの種類があり、たくさんの商品、メーカーがある。栄養補助食品なので、食事のかわりにはならない。沢山摂取しても一定量以上は排泄されるし、飲み合わせによっては副作用の可能性も。 
 
結論から言えば、取らないより取ったほうがいいけれど、食事のメニューや食べ方を改善しない限り、サプリだけで健康な食生活にはならない。
 
そして忘れてしまいがちなことですが、サプリでとれるのは補助栄養だけ。いままでカラダに溜め込んだ不要なもの、たとえば食品添加物、残留農薬、とか、脂肪は、どうしましょう?
 
残念ながらサプリだけで体質改善は難しいのが現実。CMでカラダに良いと聞かされて、何となく続けてらっしゃる方も。えっ、それって、もしかして、ワタシのこと? 
 
やはり食生活、生活習慣の改善、そしてデトックスが必要です。デトックスで外に出してやらないと、不要な物質はあなたのカラダの中に溜まったままですよね。でもどうやって?

ファスティングの知識 #4 デトックスとお通じ

ラク痩せ,酵素ダイエット,ファスティング,酵素美人塾

 
カラダに悪いものがあなたのカラダに溜まった状態。良くないです。早く排出しましょう。でもどうやって? そうです、ウンチとして排出してやればいいんですね。
 
逆にウンチが出ない状態。何と言いますか?そうです、便秘ですね。ということは・・便秘ってカラダに悪いモノが排出されずに、カラダの中にある状態!! おーまいがっ。
 
軽く見てるとあぶないです。現実に、日本人の女性で一番多いのが大腸ガンです。便秘に悩んでいる方が多いことと関係ありそうですよね。実は大腸ガンは戦後急に患者数が増えました。食生活の変化が関係していると言われています。以下All Aboutからの記載です。
 
「古来、多くの食物繊維を取ってきた日本人の腸は、欧米人に比べて約1m長いと言われています。これは、消化しにくい食物繊維を多く取る伝統的な和食に対応するためだと考えられています。 
 
その一方で、欧米人は、摂取した脂肪分が酸化されないうちに、便として排泄する必要があるので腸は比較的短くできていると言われています。がばっと、摂取して、さっと出してしまうイメージでしょうか。
 
現代日本の食生活を見渡してみると、明らかに高脂肪・低繊維。動物性脂肪と小麦をメインとした食事は、日本人にとっては、脂肪が多く、食物繊維が少なくなってしまいがちです。
 
しかも、約1mも長い腸の中で、長時間滞留した脂肪は酸化脂質になります。また、繊維質が少なく、さらには、納豆やお味噌などの発酵食品の摂取量が減ってきているために、良い腸内環境を保つことが難しくなってきています。
 
食生活を彩るために、また、人生を楽しむために、おいしいフレンチをいただくこともあるが、基本は、ご飯、漬け物にお味噌汁。それが、遠回りなようで、案外、一番確実ながん予防と言えるかもしれません。」
 
だれだって、ガンになりたくないです・・ でも、今のあなたの食生活では危険かも。残念ながらサプリだけではカバーできないんです。さあ、どうしましょう? 
 
もう答えはわかりますね。日々の食生活を、納豆・漬け物など「発酵食品」と「ご飯、お味噌汁」が摂れる伝統的な和食に切り替えること。
 


ファスティングの知識 #5 腸内環境

 

 
日本人女性で一番患者数が多いのは大腸ガン。ちなにに日本人男性で一番患者数が多いのは肺ガンですね。これは明らかに喫煙が原因の一つにあげられます。今から50年前は、二十歳以上の男性の喫煙率が80%を越えてましたから。
 
大腸ガンの予防で大切なこと、それはカラダに有害な化学物質を早く排出すること。それとキレイな腸内環境。皆さん、腸内環境って、聞かれたコトありますか? 
 
腸の中には善玉菌、悪玉菌と日和見菌がいて、悪玉菌が増えすぎると、カラダに良くないんです。さらに美容にも良くない。以下、ウーマン・ジャパンの記事から。東京板橋区、金子病院の副院長が書かれてます。
 
女に磨きをかけるなら、まずはカラダの中から始めるのが早道。そして、その一番のカギを握るのが腸。腸がキレイだと、免疫力が高まって健康度がアップするのはもちろん、透明感のある美しい肌も手に入るのです。
 
透明感のある美しい素肌美人と、肌がくすんで荒れた感じのブス子。この分かれ目は、実は腸にあったのです。ちょっと周囲の友達を見渡してみて。便秘&下痢知らずで動きがスムーズなキレイな腸の持ち主は、きっと肌もきれいなはず。一方、腸にトラブルがあると、肌が荒れたり、疲れやすかったり、口臭が強くなったりします。
 
その腸の健康を左右するのが、腸内に棲んでいる細菌。腸内には、100種類以上の細菌が棲んでいますが、大きく分けると善玉菌、悪玉菌、そしてどちらか優勢な方につく日和見菌の3種類。
 
ビフィズス菌に代表される善玉菌には、「元気や美しさのもととなるビタミンをつくる」「カラダの免疫力を高める」「腸内を酸性に保つことで、排便を促したり、ウィルスや毒素の侵入を防御して感染を防ぐ」などの働きがあります。
 
一方の悪玉菌は、排泄しにくい便をつくるだけでなく、大腸に送られる食べカスに含まれるアミノ酸やたんぱく質を分解して有毒物質を生成し、様々なカラダの不調の原因に。
 
腸内環境は、その人のライフスタイルや食事によって、善玉菌が増えたり悪玉菌が増えたりの綱引き状態。悪玉菌が優勢になると、それまで害のなかった日和見菌まで悪玉に代わってしまうことも。つまり、腸内の善玉菌をせっせと増やすことが、カラダの中からの美人につながるのです。
 
善玉菌がキライなのは、不規則な生活。逆に、悪玉菌は不規則な生活やストレス、運動不足、肉中心の食事や、甘い物の食べ過ぎを好みます。そう、悪玉菌を増やすか善玉菌を増やすかは、あなた次第。
 
最近、オナラや便がクサイという人は要注意。悪玉菌が優勢になっている証拠ですよ。生まれて間もない赤ちゃんの腸には、まだ悪玉菌はいません。だから、赤ちゃんのウンチはくさくないのです。」
 
なるほど、なるほど。酵素美人塾のコンセプトにぴったりですよね。さあ、善玉菌を増やしましょう。でも、どうやって?やっぱりキーワードは「発酵食品」と「ミネラル」、「食物繊維」です。
 


ファスティングの知識 #6 善玉菌を増やすには?

ラク痩せ,酵素ダイエット,ファスティング,酵素美人塾

さて、発酵食品と食物繊維をあまり摂らないとどうなってしまうでしょう?そうです、便秘!です。 便秘と軽く言いますが、実は腸内で分解しきれなかった食物が腐った状態。悪玉菌からどんどん毒素が発生します。
 
毒素の分解は主に肝臓で行われますが、二日以上便秘が続くと、腸の中の毒素の量が急増します。すると肝臓の分解機能では間に合わなくなります。 その結果、なんと!腸から毒素が吸収されてしまい、血液を通って全身に運ばれてしまいます。
 
恐ろしい状態ですね。もしかしてそんな便秘があたりまえになっていませんか?
 
そんな恐ろしい悪玉菌に対抗するのが、乳酸菌やビフィズズ菌に代表される善玉菌です。なので善玉菌を増やして、悪玉菌に対抗せねば。でもどうやって? もうおわかりですね。善玉菌が好むものが発酵食品とミネラル、食物繊維なんです。
 
乳酸菌はそのまま食べても酸に弱いので、ほどんど胃で死滅してしまいます。でも、乳酸菌により生成された発酵食品を食べると、腸の中で生きている乳酸菌(善玉菌)の栄養になります。海藻や玄米に代表される食物繊維もいっしょ。善玉菌の栄養になって、善玉菌の活躍を助けます。
 
実は腸内環境は病気にかかりやすいかどうか、にも影響しています。カラダに悪い細菌やウィルスをやっつけてくれる頼もしいヤツ。カラダのガードマン。そうです、免疫システムですね。
 
免疫システムが正常に働くと、風邪とか、インフルのウィルスが入ってきても、やっつけてくれるので、感染しないわけです。逆に免疫システムが弱っていると、あっという間に感染、発病。いやだぁぁ。
 
明治乳業のR-1ヨーグルトを食べるとインフル予防になる、という研究結果が発表されて、R-1ヨーグルトが売り切れ、ってニュース覚えてらっしいますか? でも、どうしてヨーグルトがインフルに? R-1にウィルスに効く物質が入っているの? いえいえ、違います。
 
なんとカラダの免疫システムの70%は腸に集まっています。R-1ヨーグルト(発酵食品)が腸内環境を改善して、カラダの免疫システムを活性化するから、インフル予防に効果的なんです。カラダにとても大切な腸内環境。 あなたはだいじょうぶ?


ファスティングの知識 #7 発酵食品

ラク痩せ,酵素ダイエット,ファスティング,酵素美人塾

 
善玉菌を増やして、腸内環境を整えるには「発酵食品」と「ミネラル」「食物繊維」を摂ること。皆さん、発酵食品食べてますか~ そうです、良い微生物や菌によって食品が分解され、消化・吸収しやすくなっている食品のことですね。
 
うまく発酵させてやると、味や栄養価が高くなったり、生の食品になかった栄養素が追加されたりします。
 
日本人が昔から食べてきた和食。欠かせない調味料は塩以外ほとんど発酵食品です。味噌、醤油、米酢、みりん、かつお節、など。うん、うん。
 
代表選手として、お漬け物や納豆。お魚の干物も発酵食品。そう考えると、和食は発酵食品のオンパレードですね。お隣の韓国からはキムチが代表選手。
 
洋食では、パン、チーズにヨーグルトといったところでしょうか。実は発酵食品をたくさん食べる習慣がある国は、比較的長寿の方が多いんです。これはどうしてでしょう? 
 
実は食品が発酵する過程で、カラダにとって必要な酵素が食品の中で生成されます。さらに、微生物が食材を消化、吸収しやすい形に変えてくれます。
 
カラダにとって負担となる消化、吸収が楽にできて、おまけに酵素も補給できる! そんな毎日の繰り返しが長い年月で大きな差になって現れます。
 
海外、特にアメリカ、イギリス、オーストラリアで暮らしたことのある方はご存じですが、彼らはお肉が主食です(実はパンではありません。)お肉を食べる量がハンパないです。
 
お肉は消化、吸収するとアミノ酸になり、そのまま筋肉を作ることができる食材です。なので、成長期には最高の食材ですね。早く、立派なカラダを作ることができます。
 
しかし、成長期を過ぎてからはどうでしょう?一部のスポーツ選手以外はそんなに筋肉を付ける必要はありません。
 
消化、吸収が良く、脂肪分も少ない和食のほうがカラダへの負担が少なくて、ガンの予防にもなる。とってもおすすめのメニューです。
 
欧米でもセレブの方は和食のファンが多いですね。彼らは健康に関心が深く、毎日エクササイズを欠かさず、食事メニューもたいへん気を遣っています。
 
そんな彼らが選ぶのが和食なんです。そして、その和食の中心にあるのが発酵食品です。


ファスティングの知識 #8 まとめ

 
酵素美人塾 ファスティング基礎知識のまとめです。
 
1) ラク痩せしたい方がまずはじめにするべきことは
 
・ 喫煙をやめる 
 
・ 夜遅くのハイカロリーな食事をやめる 
 
・ 菓子パン、スナック菓子、インスタント食品などをやめる。
 

 
2) 朝食には生のフルーツと野菜を摂ろう。昼食はと夕食は和食を中心に。決して早食いせず、常に腹八分目の量を心がけて。
 
3)生のフルーツ、野菜から積極的に酵素を取り入れよう。酵素はあなたの美容と健康に欠かせないスーパースター。大根おろしが一番のオススメ料理。
 
4)便秘は美容と健康の大敵。便秘にならないためには、薬を飲むより腸内環境を整える方法がイチバン。発酵食品と食物繊維をたくさん摂ろう。腸内の善玉菌が増えると免疫力がアップして自然と健康に。
 
5) ミネラルたっぷりの良質なお水をたっぷり飲もう。 トイレが近くなるから、と水分補給を控える方もいらっしゃいますが、水分補給が少ないとカラダに負担がかかり、便秘になりやすいだけでなく、腎臓病やボケの原因にもなります。
 
6)できるだけ脂肪分の少ない和食を食べよう。和食はカラダにやさしい発酵食品のオンパレード。欧米のセレブの間でも大人気。
 
 
以上、酵素美人塾の基本です。半年以上続けると、必ず痩せてキレイになります。 実はこの「続ける」という部分が決定的に重要です 
 
なぜなら、食生活の改善はすぐには効果が見えにくいから。 短気な方には向いていないかもしれませんが、信じて、続けて下さい。


ファスティングの体験合宿なら ダイエット&クレンズへ